電話占いと対面占いの違い

占い師募集占いの中で主に使われている方法として電話占いと対面占いがありますが、2つはどのように違うのでしょうか?特徴やメリットを紹介します。

電話占いとは

電話占いの特徴は場所を選ばずどこにいても気軽に鑑定が受けられるということです。電話越しで相談ができるため直接お店に出向く必要がなく、鑑定師と直接顔を合わせて相談するのが恥ずかしいという人などにも高い人気を得ています。電話占いの料金システムはお店によりけりになりますが、基本的にはだいたい1分ごとに何円と料金が発生するケースが多く見られます。電話占いは対面と違い時間制ではないので、電話した時間分での鑑定なので知らず知らずのうちに鑑定時間が長くなりすぎてしまうこともあります。なので心配という場合には、鑑定師に利用時間の目安を伝えておくと安心でしょう。鑑定料金の支払いはクレジットカード払いや指定口座への銀行振り込みなどが多く見られます。料金は後払いが一般的ですが、なかには前払いの場合もあるのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

対面占いとは

対面占いとは利用者が直接希望する鑑定師の元へ行き、向かい合わせで座り相談をする方法です。対面占いができるお店は各地にありますが、主に首都圏や地方の主要都市に多く見られます。基本的には行ってその場で占い師を選んで鑑定してもらうという形ですが、この人が良いと希望する鑑定師がいる場合には、事前にお店に連絡を入れて予約を取っておくと良いでしょう。大きい占い会社とかはサイトでも予約ができるので、目を通しておくといいでしょう。特に人気の高い鑑定師はスケジュールが埋まっていることも少なくありません。対面占いの料金システムはそのお店によって異なりますが、基本的には時間制で鑑定コースが設定されている場合が多いようです。初回コースなどは10分で2980円など安い料金で鑑定してもらえます。相談内容を話すにはどの程度の時間と料金がかかりそうか、また長い時間をかけてじっくりと鑑定を受けたいなど、予約を入れる際に自分の希望を整理し伝えておくと良いでしょう。分からない方は受付のスタッフに相談すればちょうどいい時間やおすすめのコースを教えてくれるので、すぐ聞いてみるのが良いと思います。